本文へスキップ

3DデータといえばCADが有名です。

3Dデータを編集するソフト

3DCADソフト

3Dデータを使いこなす術/3DCADソフト

3DCADソフトを丁寧に書き示すと3DComputerAidedDesignで、建築物などの設計に これがよく用いられていますのでそれ系のお仕事に携わる方なら数回以上目にした こともあるかと思われますが、見ただけだとなんなのかわからないので本人はその ことに気付いていないかもしれません。 以前は設計でも2DCADソフトが多かったのですが、パソコンとソフトの進化に伴い 設計ソフトも2Dから3Dへと移行しています。 CADソフトは建築の設計でも使われていることから察するとおり、細かな寸法を 入れて精密なモデリングをするのに向いています。 ただし精密でも複雑な形状を得意をするわけではありませんので、人物や動物 よりも建物のようにカッチリした感じの作品作りに適しています。 3Dプリンタを手に入れたら最初にバケツを作ってみようとする人が多いらしい のですが、それならこの3DCADソフトを使えば簡単に設計することができるでしょう。 生物は苦手、と覚えておいて下さい。


3DCGソフト

3DCGソフトのCGは皆さんの予想通り、ComputerGraphicsの頭文字です。 映画やアニメ、ゲームでおなじみのコンピュータグラフィックを製作するのに 使われるCGソフトは3Dデータを作るのにもおおいに活躍してくれます。 動きのあるもの、曲線や凸凹に強いので人物の造形で真価を発揮しますが、CADとは 違ってカッチリした寸法でのモデリングには適さないとされています。 感覚で作業を進めていく感じで遊びながら最終形へ近づけるように、まるで本物の 粘土を捏ねて造形しているかのような錯覚に陥りながらモデリングをする、という 話を聞いたことがありますが、ちょっと大袈裟な気もしますが言いたいことはよく 理解できます。 3DCADソフトが定規やメジャーを使ってのモデリングとするなら、3DCGソフトは 紙粘土を使ってのモデリングということです。 得意な分野は規則性がなく曲線の多い造形物、人物や猫型ロボットなどですね。


あとは慣れです

3DCGソフトと3DCADソフトそれぞれの特徴を理解したら、あとは実際に触ってみて 慣れていくだけです。 3Dプリンタの使い道がそれほど多くない人なら趣味に合わせてどちらか一方の ソフトだけをマスターすればいいかもしれませんが、長く使っていくうちに欲が でて「もっといろいろやりたいな、最近は自分の嗜好の系統も変化してきたようだし 人物だけでなく三角の形状にも興味が出てきた」となるかもしれず、せっかく ある機械なのでフル活用しなきゃもったいなく思えてくるでしょう。 最初からいきなり全てを覚えようとすると大変ですので、どこかのサイトで ダウンロードした3Dデータをいじくりながら自分のペースでマスターしていけば、 それほど苦労せず楽しみながらソフトの操作を理解することができるでしょう。 ソフトも高価なものを購入する必要はなく、最初は無料で手に入るものを使い 基本的な操作を身につけてから次のステップに進むのに必要かどうか判断すれば、 無駄なお金を使うこともありません。