本文へスキップ

オリジナルフィギュアの3Dデータを作ってみましょう。

3Dデータの入手法

3Dデータを作る

3Dデータを使いこなす術/3Dデータを作る

王道というか自分が欲しいものを出力するのに確実な方法、それは3Dデータを パソコンを使って自作することでしょう。 製作するには3DCADソフトや3DCGソフトを使わなければならないのでその知識を 持っていないと困難な作業になりますが、完璧に使いこなせるようになれば他では 決して手に入らない自分だけの最高傑作の3Dデータを我が物とできます。 初心者にはとっつきにくい作業で2次元の画像を加工したり創造したことのない人 だと「そんなことが自分にもできるかな、エクセルだって満足に覚えてないのに」 と不安になるでしょうが、趣味の延長だと思って頑張ってみましょう。 慣れるまでは時間もかかるでしょうが最近では3Dプリンタが注目を集めている こともあり、そうした人向けの書籍や解説サイトも増えていますので、参考になる 情報はいくらでも簡単にみつかるはずです。 練習にまずはピンポン玉から、慣れてきたらバレーボールやドッヂボール、さらに バスケットボールとステップアップして腕をピカピカに磨きましょう。


サイトからダウンロード

自分で3Dデータを作る以外に、インターネットで検索すればみつかる共有サイトで データをダウンロードする方法も主な入手方法になります。 これなら自分の所有するパソコンのハードディスクなりに3Dデータをダウンロード するだけで、そのまま3Dプリンタに出力させられることができます。 データを手に入れる手段としては最もお手軽で便利なのですが、最大の問題点は そのデータが自分の望むものとは限らないことでしょう。 2Dデータも同じようにダウンロード可能なサイトはありますが、こちらが所望 する画像を見つけるのにパソコンの前で半日以上かかる場合もあります。 似たようなデータでも細かい部分で自分の探しているものと合致です、満足度は 80点だったり70点でも妥協して使うことになるのです。 なので至高の一品にはまずなりえませんが、手っ取り早くそれらしき物体を出力 したいのならこうしたサイトで探した3Dデータを使うのもありでしょう。 自分で3DCADソフトや3DCGソフトを使いこなせるようになるまでは、とりあえず そんなデータを使わせてもらってもいいかとは思います。


ダウンロード&加工

0から最高の3Dデータを製作できるようになるまで、パソコンが得意な人でも 相当の時間を必要とするのは経験談からも察することができます。 ですがだれでもダウンロードできる共用の3Dデータでは物足りない、それじゃ 3Dプリンタを買った意味がない、そのデータで作られた物が世の中には何千と あるのなら完成品を買ったほうが早いじゃないか、とお手軽な共有サイトのデータ も利用するのに抵抗を感じる人も多いようです。 せっかく買った3Dプリンタだし誰にも真似できない際どい作品を創造したい、 そうした欲求を抱えているユーザーがほとんどなのでしょう。 ならどうすればいいか、それはダウンロードしたデータをアレンジしてオリジナル の要素を付け加えてやるのです。 そのためには3DCGソフトや3DCADソフトを操作する知識も必要になりますが、無の 状態から作り上げるのに比べれば余裕な作業です。 ドラミちゃんの3Dデータが欲しいけどみつからない、ならドラえもんのデータ+ 自作の猫耳をつけて使えばいいのです。