3Dデータを使いこなす術

3Dはとても身近なものとなりました!

前へ
次へ

3Dが個人で扱える時代となってきました

3Dと聞くと、難しい・・・自分とは縁のない話だと思う方が多いのではないでしょうか? テレビで3Dプリンタを使って出力してみた映像などを見ても、何がどうなっているのかさっぱりですよね・・・。 しかし、最近では、子どもたちが使っている携帯用ゲーム機に3D機能が搭載されていたりと、かなり身近な存在になってきました。 映画などの3D映像の技術もより進歩して、とても現実に近い映像になっていて驚かされる一方です。
簡単なソフトなどで3Dデータが作れるようになってきたので、あなたも3Dにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? インターネットなどで検索するとフリーの3Dデータがダウンロードできるサイトもあります。 まずは人の作ったものを参考に、どんどんオリジナリティあふれるものが作れると楽しいですよ。

3Dプリントサービスのアビスト
ネットから3Dデータを送って頂き、3Dプリントして短期間で出力品をお手元にお届け。
会社のキャラクターをフィギュア化したり、ノベルティグッズの作成などに活用ください。
株式会社アビスト TEL:046-400-1755(平日 9:00~17:45)
http://abist-3dprint.com/

プリンタ

最近の世間話には3Dデータという言葉が稀に登場するようですが、これが何かわからない人も多いのではないでしょうか。 簡単に説明すると3Dプリンタで出力するために必要なデータで、3Dプリンタとは立体的な物を複製するのに使われるハイテクノロジーな出力装置です。 パソコンを持っている位の人ではまだまだ所有率も低そうですが、フィギュアや造形物に興味を持つような方ならいずれ購入しようと狙っているでしょう。 このプリンタと3Dデータがあれば自宅で好きなだけ人型のミニチュアを製作できますし、猫型でも住宅タイプでもなんでも作ることができるのです。
もっと詳しく

基礎知識

とてつもなく未来的なデータを想像するかもしれませんが、3Dデータといってもただのデジタルデータですので恐がらなくても大丈夫です。 いうまでもなく3Dとは立体なので、平面のデータよりも沢山の情報量を持っており高度な技術の結晶の賜物だと崇めてしまいますが、それを利用したり操作するのに特別な資格は不必要で少し勉強すれば誰でも扱えるようになります。 ファイル形式を理解してそれを操るソフトを何度か使っているうちに自然と覚えることができるでしょうから、不安がらずに触れること、その大きな第一歩を踏み出し前へ進んでみましょう。
もっと詳しく

入手方法

ミラクルを起してくれそうな3Dプリンタを作業させるのに3Dデータが必要なことは充分理解していただけたでしょうか。 そしてそのデータが今まで触れたことももらったことも、製作したこともなさそうな初めて聞いたような代物だとも理解されたでしょうか。 高価な3Dプリンタを手に入れてもひょっとして素人には使いこなせない? 専門家にツテがないと稼動させるためのデータは入手不可なの?と疑問がいくつも湧き出てくるかもしれませんので、3Dデータはどうやって手中に収めればいいのかその点について解説していきましょう。
もっと詳しく

編集するソフト

3Dデータは3DCADソフトや3DCGソフトを使ってモデリングをしますが、それぞれの違いはどこにあるのでしょうか。 どちらにも得意な分野があるので「こっちでやってよ、そっちじゃなくてさ」というジャンルがあることを把握して、無駄な苦労をせずにスイスイモデリングを行えるようにしましょう。 切断する道具にも紙を切るのが上手なハサミ、お肉をカットするのを天職とする包丁があるように、相手によって使い分けることが出来なければ道具使いとしての腕はまだまだ半人前なのです。
もっと詳しく

オリジナル屋
ノベルティグッズの作製
自社デザイナーがデザイン・データ制作も行いますので、お気軽にご相談ください。
http://originalya.jp/
ページのトップへ戻る